上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 熟女アクメ研究員 --.--.-- / Top↑
 若いうちは、早漏(すぐに射精してしまうこと)であるのが当たり前です。年齢がいっても、変わらない場合もあるが、中折れ(セックスの途中で、男根が萎えてしまうこと)になったり、極端な遅漏になったりもします。

 中折れにならないための対策が、このブログでいうフィジカル面を鍛えることです。つまり、筋力と心肺力と勃起力、それぞれに鍛えておけば、普通にセックスする時間内に勃起が止んでしまうことは、かなりの確率で防げる訳です。

 しかし、数十分という単位でなく、数時間に及ぶセックスで勃起状態を保とうとしたなら、そこには二つの選択肢があります。一つは、射精しても勃起し続ける体になること。もう一つは、なかなか射精しない体になること。





スポンサーサイト
Posted by 熟女アクメ研究員 2011.09.10 / Top↑
 勃起を日に一度もしない期間が長く続くと、どうしても男性機能は衰えてしまいます。これは、体が「この状態が今後もつづくんだろうな」と感じて、それに適した形に感覚を含めてアジャストされてしまうためです。

 つまり、コンスタントにセックスをすることが、「女をイカせる男」であり続けるためには重要な訳です。しかし、相手が必要な行為なので、自分が体力・精力両面で大丈夫でも難しいことも多い。しかも、女性には生理週間というものが存在しますし。

 となると、マスターベーション(オナニー)で勃起の癖づけをしておくことになります。若いうちは、精力そのものだけでなく、未経験な事に対する性的な好奇心が強いため、きっかけがあるとすぐに勃起しますが、四十代以降は次第にレスポンスが低下してきます。





Posted by 熟女アクメ研究員 2011.09.02 / Top↑
「熟女アクメと精力絶倫強壮術 」へのご感想等は、こちらからどうぞ → 【メールフォーム】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。