上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 熟女アクメ研究員 --.--.-- / Top↑
 男が健康になろうとする動機は、人によって様々でしょう。
 
 社会的な責任がある、痛いのが苦手だ、長生きがしたい、成人病の可能性があると診断された、健康オタクである、鏡を見て愕然とした……など、ちょっと考えただけでも、これくらい出て来ます。
 
 しかし、「喉元すぎれば熱さ忘れる」の諺どおり、ダイエットや健康増進を何度か思い立っても、長続きしないことの方が多い筈。それは何故でしょうか?
 
 その理由は、それらが生物としての基本的欲求のベクトルと、逆向きの行動だからに他なりません。
 
 人間の三大欲求と呼ばれる「食欲、睡眠欲、性欲」のうち、過度の食欲はダイエットや体調管理にとってマイナスになります。つまり、欲望を適度に抑えることが求められる訳で、動機付けとしては弱くなりがちです。
 



 これに対して、性欲は強い動機付けとして使えます。コントロールすることは必要ですが、制御することがより高い満足(それも直接的な)を生むと、容易にイメージできる筈です。
 
 女性を絶頂に導くセックスは、全員がとは言わないまでも、多くの男性にとって責任であり、憧れであり、強い満足感を得れる行為なのです。
 
 未婚・既婚の別を問わず、女性をアクメニ導くことの出来る男になるというのは、体を鍛えて健全な状態に保つモチベーションになります。テクニックを活かすのも、基礎体力あってこそです。
 
 しかも、我慢する・抑制するというマイナス方向でなく、鍛錬する・増強するという意識付けがしやすいため、がんばりやすく、その努力が継続しやすいという利点があります。
 
 ダイエットに取り組んだり、健康で若々しい体を保とうとする努力する時、しばらくしてやめてしまう原因の最たるものは、本人がやる気をなくすことです。
 
 確かに「女をアクメに導く」とは、やや品性を欠く言葉ですが、男の欲望に訴えかける表現です。だからこそ、男が体を鍛えて健康になるための、最強の動機付けだといえるのです。
Posted by 熟女アクメ研究員 2011.07.09 / Top↑
「モチベーション 」へのご感想等は、こちらからどうぞ → 【メールフォーム】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。