上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 熟女アクメ研究員 --.--.-- / Top↑
 心肺機能を高めるためには、ウォーキングが適しています。セックスはジョギングほど、心臓や肺に負担の掛かる運動ではありません。なので、速めの速足でするウォーキングが、ちょうどいい位のトレーニングだといえるのです。

 また、地面が土である場合はジョギングでもいいと思いますが、アスファルトだと着地の時にひざ間接に衝撃が掛かるため、長い目でみると怪我の遠因になってしまい、却って運動不足になるケースもあるので注意が必要でしょう。

 女性をアクメに導くには、絶え間なく刺激を与え続けることが重要です。しかも、女性の膣は単調な刺激に対しては、すぐ慣れてしまいます。動きの緩急やストローくの軸をズラせるためには、インターバルトレーニング的な鍛え方も必要です。





 すなわち、競歩のようなつもりで数分歩き、ゆっくりとペースを落として心肺を休める歩きを1分続ける。これを繰り返すことで、セックスのチェンジオブペースが身につくとともに、数時間に渡って動き続けるスタミナが身につくのです。

 セックスの相手が、一度アクメを味わえば満足するタイプの女性ならば、この努力は無駄になるかもしれません。しかし、達すれば達するだけ敏感になり、より深いオルガスムスを得る女性に対しては、体力は大きなセールスポイントになります。

 これも相手によりますが、黙々とセックスするだけでなく、言葉で相手を煽ったり責めたりできれば、特にマゾっけがある女性には効果絶大です。最初はマゾ性が開発されていなくとも、相手の反応を見ながら適切な言葉を掛け続けることで、開発は十分可能です。

 いずれにせよ、心肺を鍛えることは、セックスの最中の物理的・心理的な余裕につながります。地道にウォーキングしておくことは、心身の健康面にいい影響を与える筈です。
Posted by 熟女アクメ研究員 2011.08.25 / Top↑
「インターバル・ウォーキング 」へのご感想等は、こちらからどうぞ → 【メールフォーム】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。